若手社員インタビュー

プラント 第一部 田邉悠太

プラント第一部田邉悠太

2016年度入社

簡単な自己紹介をお願いします

2016年入社、プラント第一部所属の田邉悠太(たなべゆうた)です。趣味はこれといったものはありませんが、友人と旅行やお酒を飲みに行くことを休日の楽しみにしています。

大学時代にやっていた研究内容について

大学時代は数値流体力学を専攻し、ジェットエンジンのタービン翼の堆積物について研究していました。シミュレーションによるアプローチを行った理由としては、高温、高速の気流が生じるジェットエンジン内部の状態を実験で再現するのはとても難しいからです。タービン翼へ堆積物が付着することで、エンジンの性能は低下するのですが、この堆積過程の解明は、堆積物が堆積しにくい翼形状の開発に寄与することができます。研究当初は思うような結果がなかなか出ず、苦しい時もありましたが、最後の最後には良い結果を出すことができ、研究の面白さを知ることができました。

職場の雰囲気は?

現在所属する部署は若手社員の比率がとても高いです。仕事柄出張が多いので、一堂に会することは多くはありませんが、その時々で集まれる人達で飲みに行ったりもして、雰囲気が良い部署です。

今までの仕事と仕事を通じて得られたものは?

現在まで食品プラントの基本設計・施工管理に携わってきました。プラント工事は多くの人と物を巻き込んで、一つの成果物を作り上げる仕事です。スケールの大きな仕事なので、段取りとコミュニケーションがとても大事だと感じています。未熟な部分は多くありますが、その点は入社時と比べると身についたと思います。

将来どのような仕事をしたいか?
またどのような自分を目指していきたいですか?

設備の基本設計から竣工まで一貫して携わり、お客様に満足して貰えるような仕事をしたいです。お客様からの幅広い要求に対応できるように、今後も知識・経験を積み重ね、エンジニアとして更に成長していきたいと考えています。