化粧品・トイレタリプラント

設備事例をご紹介します。

化粧品プラント

全自動乳化機
全自動乳化機
※画像クリックで拡大します。

カタログページへ

■概要

敷地面積
約90,000m2
生産品目
化粧品、医薬部外品
設備
原料倉庫、原料タンク、全自動乳化機、化粧水製造釜

■課題

  • 高効率生産
  • コストパフォーマンスの高い工場
  • 医薬品GMP、化粧品GMPに準拠
  • フレキシブル生産対応

■特徴

  • 化粧品、医薬部外品を製造する合理的で整合性の取れたゾーニング
  • 粉体原料コンテナ仕込技術
  • 安価な生産管理システム

CIPユニット
CIPユニット
※画像クリックで拡大します。

このページの上部へ

トイレタリプラント

製造釜
製造釜
※画像クリックで拡大します。

カタログページへ

■概要

敷地面積
約90,000m2
製造品
トイレタリー(シャンプー、リンス)
生産量
6,000トン/月
設備
原料倉庫、原料タンク、ピッキング、製造釜、製品タンク

■課題

  • バッチ製造方式による品質保証と大量高効率生産の両立
  • 複数製造釜と多種原料ラインとの供給マトリックスにおけるコンタミ極小化
  • 複数製品タンクと複数充填ラインとの供給マトリックスにおけるコンタミレス化
  • 製造釜への粉体原料空気輸送仕込み

■特徴

  • 連続バッチ製造設備
  • 高度生産管理システム
  • シーケンスバルブ原料切替技術
  • 粉体原料仕込み時の原料液中分散と発塵抑制技術

液体計量混合フロー
液体計量混合フロー
※画像クリックで拡大します。