穀物プラント・大型搬送施設

設備事例をご紹介します。

東洋埠頭株式会社様 バイオマス発電燃料搬送ベルトコンベア設備

バイオマス発電燃料搬送ベルトコンベア設備
バイオマス発電燃料搬送ベルトコンベア設備
※画像クリックで拡大します。

■概要

搬送物
木質ペレット、パームヤシ殻
受入量
年間22万トン
搬送能力
1,000t/h
設備内容
ベルトコンベア3台 全長460m
トラベリングホッパー 2台
工期
2014年12月着工
2015年6月完工

■課題

  • 発塵、粉漏れを抑えた気密性の高い搬送設備

■特徴

  • 係留ロープ使用時には縁切・伸縮可能なコンベア設備
  • リモコン操作式50t受入トラベリングホッパー

バイオマス発電燃料搬送ベルトコンベア設備
バイオマス発電燃料搬送ベルトコンベア設備
※画像クリックで拡大します。

このページの上部へ

日清サイロ株式会社様 機械式アンローダー

カタログページへ

機械式アンローダー
機械式アンローダー
※画像クリックで拡大します。

■概要

取扱品
小麦
能力
600 t/h(かさ密度0.75 t/m3の小麦換算)
設備
艀積み、免震装置、ホイストクレーン、タッチパネル式操作パネル

■課題

  • 底浚い作業の効率化

■特徴

  • 船とアンローダーを定位置のまま船槽に投入する鉛直コンベアを移動させることにより、ハッチ内全体から穀物の荷揚げが可能
  • ニューマ式(ブロアーによる吸引方式)に比べ電力は約1/3
  • 免震装置搭載による地震対策
  • 鉛直コンベア自動沈降機能による作業効率化

このページの上部へ

十勝グレーンセンター株式会社様 大型サイロプラント

カタログページへ

大型サイロ
大型サイロ
※画像クリックで拡大します。

■概要

敷地面積
33,085m2
取扱品
穀物,飼料原料
収容量
主原料専用サイロ16基(24,000トン)
主・副原料兼用サイロ20基(17,500トン)
設備
アンローダ入庫、トラック入庫、トラック出庫、飼料工場送り、粉砕、リサイクル

■課題

  • 設備のローコスト化
  • コンタミ防止設備

■特徴

  • 主原料サイロと副原料サイロの配置
  • FEM解析を用いた耐震設計
    ※FEM(Finite Element Method)・・・構造力学の分野で発達した数値解析手法
  • 溶接部UT検査
    ※UT(Ultrasonic Testing)・・・超音波を利用した非破壊検査
  • TOFD法を用いた溶接検査
    ※TOFD(Time-Of-Flight Diffraction Technique)・・・超音波の伝播時間を計測して欠陥の深さ方向の位置を測定する検査方法

大型サイロフロー
大型サイロフロー
※画像クリックで拡大します。

TOFD概要
TOFD概要
※画像クリックで拡大します。

このページの上部へ

精米プラント

工場外観
工場外観
※画像クリックで拡大します。

カタログページへ

■概要

製造品
精米、無洗米
設備
玄米サイロ(180トン×11基)
粉粒体空気輸送システム(35トン/時)

■課題

  • 精度の高い計量設備
  • 粉塵飛散のない清潔な設備
  • 先入れ先出し可能なサイロ
  • 在庫管理システム

■特徴

  • AIB食品安全統合基準対応の建物、生産設備
  • トレーサビリティ・システムの導入
  • 衛生的な設備環境
  • 異物混入防止への配慮
  • 設備の安全及び分解、点検の容易さ
  • 穀温冷却設備

穀物精選計量システムフロー
穀物精選計量システムフロー
※画像クリックで拡大します。

粉粒体空気輸送システムフロー
粉粒体空気輸送システムフロー
※画像クリックで拡大します。