代表者挨拶

取締役社長 村田 博
取締役社長 村田 博

当社は、1972年に日清製粉株式会社(現在は株式会社日清製粉グループ本社)の技術部門から独立し、エンジニアリングコンサルタントを業務の主体とする会社として設立されました。

その後、粉体ハンドリング技術をコア技術として、大型の穀物サイロ、製粉工場、製パン工場、製麺工場などの粉体食品関連のプラントエンジニアリング事業、自社開発した粉砕機や分級機等の粉体機器販売事業、特徴ある粉体機器を用いた粉体加工事業の3事業を中心に業容を拡大していきました。

現在、プラント関連では弁当・惣菜、飲料、医薬・化粧品、電子材料など幅広い分野にも進出し、お客様から高い評価をいただいています。機器関連では食の安全・安心が叫ばれている食品分野や精密粉体技術が要求されるIT分野において当社の粉体機器が役立っております。また、特徴ある粉体機器を用いた粉砕・分級加工や熱プラズマによるナノ粒子加工においては、開発用の少量製造から専用プラントによる大量製造に対応しており、お客様のアウトソーシングニーズにお応えしています。

このように3つの事業を柱として発展してきた日清エンジニアリング株式会社は、今後も「粉体技術」「食品プラント建設」をコア技術として、お客様に信頼され、期待されるエンジニアリング会社としてさらに大きく成長していきます。